堆白食籠「牡丹」
堆白食籠「牡丹」 堆白食籠「牡丹」 堆白食籠「牡丹」 堆白食籠「牡丹」

堆白食籠「牡丹」上杉 學帥

白漆を80回塗り重ねて牡丹を彫りました。牡丹の花の柔らかさを彫刻しました。

轆轤・本堅地・彫漆

欅・漆

彫漆食籠「深山深紅」
彫漆食籠「深山深紅」 彫漆食籠「深山深紅」 彫漆食籠「深山深紅」 彫漆食籠「深山深紅」 彫漆食籠「深山深紅」

彫漆食籠「深山深紅」上杉學帥

黒漆10回、朱漆20回、黒漆5回、朱漆35回、黒漆15回の順に漆を塗り重ね、黒漆の層の部分で葉を彫り、朱漆の層の部分で椿の花を彫りました。 寒さに耐えて凛と咲く椿を表現しました。

轆轤・本堅地・彫漆

欅・漆

11.5cm21cm

彫漆茶箱 「蓮のうてな」
彫漆茶箱 「蓮のうてな」 彫漆茶箱 「蓮のうてな」 彫漆茶箱 「蓮のうてな」 彫漆茶箱 「蓮のうてな」 彫漆茶箱 「蓮のうてな」 彫漆茶箱 「蓮のうてな」

彫漆茶箱 「蓮のうてな」上杉學帥

黒漆を50回、朱漆を80回塗り重ね、朱漆の層の部分で骸骨と蓮、黒漆の層の部分で水面を彫っています。蓮の上で踊る骸骨を表現しました。

15.1cm22.3cm15.8cm

彫漆香合 「華」
彫漆香合 「華」 彫漆香合 「華」 彫漆香合 「華」 彫漆香合 「華」 彫漆香合 「華」

彫漆香合 「華」上杉學帥

黒から紫、紫から白のグラデーションになるように160回漆を塗り重ね、彫刻しています。天には金の平目粉を蒔いています。蓮の花をイメージしたデザインになっています。